ハート工夢店の地盤補強


 
自然素材にこだわり、環境を考えたハート工夢店の家づくり。
地盤補強も環境のことを考えてどうにかできないか?という思いでした。
そこで環境を破壊し、土地の価値を下げるセメント工法ではなく、人工物を入れず環境に良い工法があると知りました。
自然素材の砕石を使用するエコジオ工法です。
 
1.自然環境を破壊しない
2.住んでいる人の命を守れる
3.土地の資産価値が守れる
 
佐賀県は軟弱地盤の土地が多くあります。なので地盤補強は必須と言えます。
せっかく建てたお家を地盤沈下から守る為だけではなく、住む人と環境をも守れる地盤補強をハート工夢店は選びました。

環境に優しい砕石の地盤改良工法


環境や土地の資産価値などの規制の変化により、住宅などの小規模な地盤改良工事において、砕石を用いる地盤改良工法が急速に増加しています。
しかし、従来の技術では、掘削に伴う孔壁の確実な崩壊防止が困難でした。
エコジオ工法は、独自開発のEGケーシングにより孔壁の崩壊を防ぐとともに、簡単な操作で常に安定した品質を確保できる、画期的な地盤改良技術です。

 

エコジオ工法のメリット

地球環境の保全
自然素材の砕石を使用する地盤改良技術。施工中も廃棄物が発生せず、CO2の排出量も大幅に削減できます。この工法は、私たちの子孫の為に使う技術です。

土地の価値を守る
「地中埋設物」や「土壌汚染」は、地価を下げる可能性があります。砕石だけを使用するエコジオ工法は、土地の価値への影響を最小限に抑えます。

砕石は強い自然石
砕石は、小さく砕いた自然石です。多くの歴史的な建造物にも自然石が使われています。砕石の強度は、ほとんど劣化せず、長期的に強さを保ち続けます。

液状化対策に
砕石を用いる液状化対策工法は、以前から堤防やビルなどで使われてきました。エコジオ工法も、液状化対策として住宅、公共工事で利用されています。

より詳しく知りたい方は下記のリンクへ