品質管理
保証・アフターメンテナンス

工事品質管理


一般的な行政検査のほか、第三者機関(JIO)による、各工程の検査と
木工事完了時には、JIOとは別に、外部の有資格者による検査を実施。さらに、工事担当者による社内検査を実施します。
 

1.瑕疵保険付保のための現場検査


日本住宅保証検査機構(JIO)の現場検査員が2回の現場検査を行います。

1.基礎配筋検査
基礎配筋工事の完了時に行います。

各配筋ごとの本数や間隔や位置が設計図書通りに施行されているかの確認やコンクリートのかぶり厚さなどをチェックします。

2.躯体検査
躯体工事の完了時に行います。

柱・梁や筋交いなどが図面通りに配置されているか、また構造金物で補強されているか、屋根は規定通り造られているか等細かくチェックします。

2.第三者機関による検査


建築確認事務所と外部の一級建築士による検査を行います。

1.中間検査
建築途中の一定の工程が終わった時点に行います。

柱、はり及び筋かいの建方工事が設計図書通りに施行されているかの確認や壁の外装または内装工事などをチェックします。
延べ面積が100平方メートルを超える建築物かフラット35を適用している場合に行います。

2.完了検査
建築工事の完了時に行います。

その建物の構造や設備、敷地などが関連する法令に適合しているかどうかを細かくチェックします。

保証・アフターメンテナンス


着工してから竣工するまでの保証、そして住んでからの安心を提供する保証
点検・アフターメンテナンス 全4回の定期点検を実施。長期にわたり、住まいを維持していきます。

引渡し後も、快適な住まいを維持できるように定期点検を実施しております。 無料で手直しさせていただく箇所と有償になる部分がございますので、 お気軽にご連絡ください。
 

地盤保証「BIOS」


セメントゼロのオーガニック地盤保証BIOS[ビオス]は、地盤の強さだけでなく、土壌の汚染についても確固たる基準を設けることで、地盤を公正に調査・解析し、環境汚染の心配のない安全な地盤を保証します。