ワン・ストーリーハウス
ハート工夢店は木と漆喰でつくる 平屋の専門店です。 

 

経年美家×健康住視をコンセプトに平屋建て

 

小さくつくり、大きくつかう。
そして永く暮らしたい。

 
自然美と自然力を最大限に生かす安心の平屋スタイル 
 
 合板、集成材、輸入材、ビニールクロス、 断熱材も使用しない、
住む人の「安全」と 「健康」を一番に考える。

家づくりをする時に、今だけを考えて2階建てのプランになりがちですが、それは一生分の洋服を今の体型に合わせて買い揃えてしまうようなものではないでしょうか。家族のライフスタイルの変化は早くて多様です。子どもたちは巣立っていきます。親子暮らしは夫婦2人の暮らしに変わり、子どもの為につくった部屋は物置になる可能性が大です。
理想だったはずの2階建ては家族の変化に対応できず、使えない場所だけが残っていきます。物置と化した部屋も、お洒落だった外観も大きいとお手入れが大変になり劣化の一途を辿っていきます。家族の為に造った家はだんだん使わない場所が増えていき、大きく造ったのに、小さく暮らす事になるのです。

ならば「小さくつくり、大きく暮らす」ことは出来ないか?
ライフスタイルの変化と共に併走することはできないのか!
ランニングコストを軽減するカタチにできないか!
そんな想いが日に日に増していき、辿り着いた答えが
「小さくても大きく暮らせる平屋、ワンストーリーハウス」なのです。
愛情技術が全て詰まった、最高の平屋スタイルです。


なぜ、「ワン・ストーリーハウス」なのか?

■家を建てた後に、高い維持費が掛かるのをご存知ですか。

ワン・ストーリーハウスは、初めから維持費が予測される箇所を作らないように工夫しています。いい素材と工法をシンプルなデザインにすることで最小限に維持費を抑え、住む人が簡単にメンテナンスできるようにしました。だからこそ、平屋づくりなのです。

 

■昔より、家族団らんの時間が減ってるのをご存知ですか。

食卓を真ん中にすることで家族がつながります。団らんは、子どもの健やかな心の成長に必要です。家族団らんの時間をつくることで絆を深めていきます。

こども達が出て行き、自分が年老いたとき、ほんとうに平屋づくりで良かったと思う。 夫婦で過ごす時間が増えたとき。ワンストーリーハウスなら仲良く一部屋にするも良し、プライベートなお互いの部屋を持つのもいい。
みんなが集まる趣味の部屋を持つのもいい。見守れる住環境があるということは、ほんとうに素晴らしい。